8月17日(日)鈴鹿サーキット東コース 雨

☆参戦ドライバー
ゼッケン:92
ドライバー:坪井翔
マシン:美人&LTVフィールドDRP FC106
エントラント:FTRS
クラス:F4東西シリーズ FCクラス
F4西日本シリーズ第4戦は鈴鹿サーキット東コースで開催。前戦の鈴鹿ではFCクラスホンダ勢のラップタイムに遅れをとっていたが、今回は金曜日の練習走行から調子がよくトップタイムを記録。しかし、ホンダ勢トップとの差は僅差で、土曜日の練習走行でもさらにセットアップを煮詰めていく。その最終セッションは走りはじめからペースが良くタイム計測3周目でこのセッションのトップタイムを記録していたが、次の周にクラッシュしてしまった。チームは明日の予選と決勝に備えて、修復作業に取りかかった。

日曜日は9:40より予選開始。
坪井選手は、開始早々からクラストップタイムをマークし5周目に50.906を記録。その後、最終コーナーでコースアウトする車両があり全車タイムアップできない。黄旗解除後も気温の上昇でタイムアップする選手がいなく、総合4位、クラスポールポジションを獲得した。

決勝レース開始1時間前から雨が降りだし、コースはウェットコンディションに変化。チームはウェットセッティングに変更し坪井選手をグリッドへ送り出すが、スタート前に小雨に変化した。F4クラス3台に次ぐセカンドローについた坪井選手はスタートに集中力を高める。スタートの動き出しは良かったが、ストール気味になりその後の加速が鈍ってしまった。FCクラス2番手の福住選手に1コーナーでかわされ、総合5位クラス2番手に後退。2周目の2コーナーでF4クラスの1台がコースアウトし総合4位に浮上。総合2位を走るF4クラス車両はペースが遅く、FCクラス1位と2位の福住選手と坪井選手は詰まってしまう。3周目の最終コーナーで福住選手は総合2位のF4車両をパッシング、坪井選手もそのF4車両のスリップに付きメインストレートから1コーナーで、パッシングを試みるがブロックされ抜けない。ラップタイムが1秒以上遅い車両の執拗なブロックに阻まれ、8周目の1コーナーでようやく総合3位クラス2位に浮上。しかし、この4周の間にクラストップの福住選手に4秒もの差をつけられてしまった。その直後9周目に総合トップF4クラスの選手がドライビングスルーペナルティのため、坪井選手は総合2位に浮上。今シーズンの混走F4レースで初めてFCクラスが総合1位と2位を走ることとなり、ここから坪井選手の追い上げが始まる。前が開けて1秒以上ラップタイムを上げるが、福住選手も同様のため差は縮まらなかったが、この2台だけラップタイムが飛び抜けて速く、クラス3番手に大差を付け始める。雨がやみ路面の水量が減った14周目あたりから福住選手との差が縮まり始める。毎周クラスファステストタイムを更新するが、23周のチェッカーフラッグをトップとコンマ9秒差、クラス3位に20秒以上の差を付けて駆け抜けた。西日本シリーズポイントはクラス2位に浮上し、残り2戦で逆転チャンピオンに望みをつなぐ。
☆坪井選手コメント
「今回は勝てるレースだっただけに本当に残念です。鈴鹿東コースは多少のラップタイムの差では抜けないので、予選でポールポジションを獲得したまでは、前日のクラッシュを挽回できたと思いました。決勝もウェットコンディションは得意なので自信があり、F4クラスとのマシン差が縮まるので総合順位で表彰台も狙っていました。スタートはストール気味になりクラッチを踏み直してしまったので福住選手にかわされてしまいました。レースペースに自信があったのでチャンス伺っていましたが、ペースの遅いF4クラスを抜くのに時間がかかってしまい大きな差ができてしまいました。でも、路面状況が良くなるにつれて、差が縮まり始めたので毎周フルアタックしていました。あとわずかでしたが、スタートを決められなかったことが敗因です。チームと速い車を作ることができたので、迷惑を掛けた分、次の富士は絶対に勝ちたいと思います」
☆リザルト
92 坪井翔 美人&LTVフィールドDRP 予選4位(クラス1位) 決勝2位(クラス2位)
鈴鹿サーキットリザル