2020インタープロトeシリーズ特別戦レポート

新型コロナウィルスの影響により年をこしてしまいましたが、2020シーズンの全日程を終えることができました。

スポンサー、関係者の皆様ありがとうございました。

今回のIPeS特別戦は、ディフェンデングチャンピオンでプロレーサー代表の坪井選手が、2020IPeSチャンピオンをはじめとするトップシムレーサー3名を迎え撃つ構図です。

4名でのオフライン対戦となりますので、富士スピードウェイ特設会場に、アクセス様のご協力により7軸モーションシムを4機用意していただきました。

4名とも同条件での環境で、2021シーズンから採用予定の新MOD「ips kuruma 202x」での対戦となります。

これにより、だれが勝つか全く予想のつかない状況となりました。

予選は、初めての試みとなるスーパーラップ方式を採用しました。

これはアタックラップ1周の一発勝負で、ミスも四脱も許されない緊張の予選となりました。

ここはさすが選ばれしトップシムレーサー4名、マージンを取りつつもミスのないアタックを披露してくれました。

1:45.206
1:44.604
1:44.900
1:45.441

スーパーラップは武藤選手が1:44.604でポールポジションを獲得!

決勝レースは、武藤選手、坪井選手、岡田選手、木村選手の順でローリングスタートとなります。

好スタートを決めたのは、坪井選手と木村選手。

1コーナーで、トップ武藤選手に並びかけます。

レースの全内容はYouTubeをご視聴ください

レース後、武藤選手もコメントしていましたが、結果的にはスタートからAコーナーまでの攻防で決着がついてしまいましたが、それだけ4名のレベルが高いので簡単には抜けないということです。

リアルでもあるあるの展開で、トップの後ろでバトルが起きるとトップは逃げてしまいます。

とはいうものの、坪井選手と武藤選手の神経戦は見ごたえがありました。

全選手ラップタイム

武藤選手の予選タイムを上回る追い上げと、坪井選手のプレッシャーに強い安定したラップタイムが表れています。

今大会もリアルプロレーサーの勝利となり、IPeSがリアルに近い証明ともなりました。

今シーズンは、シムレーサーの逆襲を期待しつつ、新しいステージの準備をしてまいります。

2021 IPeSのプロシリーズ化にご期待ください。

運営:ドリームレーシングプロジェクト http://xyz-one.jp/

後援:インタープロトモータースポーツ https://drivingathlete.com/

協賛:ミュゼプラチナム https://musee-pla.com/

協力: