2020年版日本人トップドライバーはだれだ?

2020シーズンは年をまたぎ終了となりましたので、毎年恒例の勝手にランキング発表です!

プロレーサーは結果が全てということで、単純に順位をつけています。

数値化のルールは2015年版をご覧ください。

それでは今年の日本人トッププロレーサーは!?

前人未踏2度目のWタイトルで、またまたこの人しか考えられません!

スーパーフォーミュラーとGT500のダブルチャンピオンを獲得した、 山本尚貴選手です!!

同年度にトップフォーミュラーとトップGTのダブルチャンピオンは、2003年の本山哲選、2004年のリチャードライアン選手、2018年自身以の3人のみで、2回目は史上初となります。

日本モータースポーツ界の帝王と呼ばれる日も近いのではないでしょうか。

ご想像の通り2位は、平川亮選手です!

スーパーフォーミュラーもスーパーGTもポイントリーダーを堅持していながら、最終戦の悲運なトラブルでチャンピオンを逃してしまった記憶は、皆さんに残っていることと思います。

運も味方にとは簡単に言えないくらい劇的な幕切れでした。2021シリーズのリベンジに皆が期待していることでしょう。

そして3位には、坪井選手が入りました。

坪井翔選手も、スーパーGTとスーパーフォーミュラー共にトラブルがなければチャンピオン争いに入っていました。

2020スーパーフォーミュラーは最多勝で、2021スーパーGTは名門トムスへの移籍でチャンピオン獲得に期待です!!

以下トップ10は、

4位野尻選手

5位牧野選手

6位関口選手

6位福住選手

8位阪口選手

9位宮田選手

10位石浦選手

トップテンは世代交代を思わせる中、山本選手と石浦選手は、6年連続トップ10入りです!

【2020年総合ランキング】

今シーズンも新たなる戦いが楽しみです!