2019年インタープロトeシリーズ全5戦が終了しました。

開催初年度でマシンMODダウンロード数800を超え、レースには延べ120名を超えるご参加をいただきました。

ご参加いただきました選手の皆様にお礼申し上げます。

リアルを忠実に再現したマシンMODとレースフォーマットは、開幕当初はゲームプレーヤーにはとても難しいものでした。

しかし、練習会に参加していただき、回を重ねるごとにリアルレースをヴァーチャル上に再現できたと思います。

ご参加いただきました選手の方々も、ゲームとは違うリアルさを体感できたことと思います。

同時に非常にレベルの高いレースとなり、日本一のシミュレーターレースとして継続、発展させて行きたいと考えております。

当初から問題となっていましたコースMODですが、富士スピードウェイ様のご協力とDMM GAMES様の開発により、公認ライセンスのFuji International Speedway 2020が間も無く完成します。

リアル測量データを基に開発しましたのでリアルサーキットと寸分の狂いもありません。

また建物や風景もドライバー目線から再現しました。

路面、路肩、縁石も最新の仕様で、評価が別れる通称「かまぼこバンプ」も設置されています。

四脱判定も正確に判定され、レース後の四脱ペナルティは無くなります。

これらにより、よりリアルなレース運営が実現します。

このコースMODに合わせてマシンMODもリファインします。

  • タイヤ温度を少し冷えにくくする
  • スリップを少し効きやすくする
  • エンジン音を実車にする

上記をメインに、新コースMOD上でリアルレーサーに挙動をリセッティングをしてもらいます。

2つの新mod「Fuji International Speedway 2020」と「IPS kuruma 2020」は、アセットコルサ アルティメットエディション日本語PC版に独占で実装されます。(IPS kuruma 2020は12月予定)

2020IPeSにご参加の方は、アセットコルサ アルティメットエディション日本語PC版をインストールしてご参加ください。

また、オリジナルスキンの運用も行います。

こちらは後日、改めてご案内させていただきます。

【2020年インタープロトeシリーズSⅡ概要】

  • シリーズ日程:2020年3月~10月まで全8戦(有効ポイント6戦)
  • シミュレータソフト:アセットコルサアルティメットエディション日本語PC版
  • Cars mod:IPS kuruma 2020
  • Tracks mod:Fuji International Speedway 2020
  • 予備予選:30分+2L(ローリングラップ&オープニングラップ練習)
  • ファイナルステージ(1位~20位):予選15分+決勝10L(ローリングラップ1周含む)
  • セカンドステージ(21位~50位):予選15分+決勝10L(ローリングラップ1周含む)
  • シリーズポイント:ファイナルステージ1位~20位+セカンドステージ1位~3位
  • 特別戦:シリーズポイント1位と2位の選手をIPS最終戦(11月)に招待しプロレーサーと対戦
  • 賞典:シミュレーター用IPSオリジナルハンドル他、賞品

新コースmod「Fuji International Speedway 2020」が収録された「アセットコルサアルティメットエディション日本語PC版」を11月16日開催のIPeS特別戦と17日開催のIPS最終戦で、今シーズンIPeSにご参加いただいた方を対象に先行配布させていただきます。

いち早く新コースmodを体験されたい方は、是非ご来場ください。

今シーズンIPeSに参戦いただいた方々への特典は、特別戦終了後にメールでご案内させていただきます。

以上、一段とパワーアップする2020年インタープロトeシリーズにご期待ください。

さらに2021年を目標に、リアルレース同様にスポンサー様を募り、賞金をかけたプロシリーズ化を目指します。(プロライセンスは、インタープロトeシリーズの参戦実績によって発行を考えております)

実現へ向けて、皆様のご協力をお願いいたします。