DRPボランティア活動2017年3月南相馬

東日本大震災から丸6年の3月11日に南相馬へ訪問してきました。

 

↑福島第一原子力発電所

 

今回は新メンバーの細田選手が初参加ということで、常磐富岡インターから帰宅困難区域である大熊町と双葉町を通り国道6号線を北上し小高区へ向かいました。

 

↑定期的に参加させていただいている南相馬ボランティア活動センターさん

 

坪井選手と小山選手は富士でのイベントで欠席のため、三笠選手と細田選手が2日間ボランティアに参加しました。

 

 

小高地区は少しづつ住民(高齢者)が戻り、コンビニも新しく開業していました。

 

6年ぶりに自宅へ戻る方々のサポートとしてまずは、墓地の草刈りをさせていただきました。

 

↑疲れ切ってる人と慣れてる人

 

 

1日目終了後には、津波の被害が大きかった海岸沿いへ行って黙祷しました。

 

この地域はようやく瓦礫と倒壊家屋の撤去が完了したという状況です。

 

 

 

2日目は、家屋裏山の伐採をさせていただきました。

 

6年目ともなると、もはや職人です。

 

 

 

2回目の感謝状をいただきました。

↑ボランティアセンター長の松本さん。

 

 

 

毎回のことですが、選手にとってメンタルもフィジカルにも良いトレーニングをさせていただいております。

 

需要がある限り、これからも継続していきたいと思います。

 

今回もボランティア活動にご協力ご支援いただきました、

株式会社ライトウィズアウトヒート 永瀬様

横浜貨物運送株式会社 様

株式会社小倉興産 様

誠にありがとうございました。

 

【新発想のマネークリップ】s3h.jp

コメントを残す

このページの先頭へ