3月に引き続き坪井選手といつものメンバーでやってまいりました南相馬!

ボランティアセンターがある原町地区は、震災前1万3千人弱の人口が現在は3千人程となっているそうです。

そのほとんどが高齢者とのことで、復興活動がいまだに進行中の中、高齢者ができないことをボランティアがお手伝いしています。

原発20km圏内の原町地区には多くのソーラー発電施設ができています。

ボランティア活動前に海に向かって黙とう。

今回は身型コロナウィルスの流行が頭打ちになったシルバーウィークですが、参加者は今までで一番少なかったです。

今回の作業は草刈りのがメインです。

もうすっかり慣れたもので、手際よく1軒目が終了。

2軒目も広大な敷地の草刈りです。

坪井選手も7年目ということで草刈り機もお手の物。

来年3月でまる10年の節目を迎えます。

できる人が、

できる時に、

できる事をする。