6月15日(日)岡山国際サーキット 晴れ

☆参戦ドライバー
ゼッケン:92
ドライバー:坪井翔
マシン:美人&LTVフィールドDRP FC106
エントラント:FTRS
クラス:F4東西シリーズ FCクラス

日曜日は前日同様好天に恵まれる。第2戦の予選は、前日の失敗を教訓にクリアラップのとれるスペースを探しながらタイヤウォームアップ周回を重ねる。常にクラストップ、2番手タイムを記録しながら8周目に1’33.780のタイムで、根本選手に次ぐクラス2番手となった。

第2戦決勝スタートもあまりよくなかったが、クラストップ根本選手に並び1コーナーへ進入。2コーナーではアウトサイドになってしまう為に2番手をキープ。後ろにはクラス違いのマシンが1台は入り、クラス3位の石川選手を突き放す。根本選手よりもペースがよくパッシングを試みるが、背後に付くとダウンフォースが抜けてしまい抜くに至らない。結局最後までミスの無い根本選手にチャンスをもらえずに、クラス2位に甘んじた。
☆坪井選手コメント
「決勝はペースがよく勝ちを意識しましたが、どうしても抜けませんでした。やはり予選でポールをとれなかった事が敗因です。ここ数戦スタートもよくないので、次戦はポールポジションをとりスタートを決めてぶっちぎりで勝ちたいと思います」
☆リザルト
92 坪井翔 美人&LTVフィールドDRP 予選8位(クラス2位) 決勝5位(クラス2位)

岡山国際サーキットリザルト