ご参加いただいた皆さま、あがとうございました。

今回もハイレベルな戦いでYouTubeでも盛り上がりました!

違う面でも盛り上がりましたが、競技規則書を基にペナルティ検証を行い、暫定結果を発表させていただきます。

IPeS Rd.3 セカンドステージ決勝レース結果

PeS Rd.3 ファイナルステージ決勝レース結果

3日後に正式結果としてポイントランキングに反映させていただきます。

今回もラグ発生プレイヤーによる混乱がありましたが、IPeS運営の考えを再度説明させていただきます。

まず、参加者全員に対策をお願いしております。

次にラグが発生して参加しているプレイヤーへの対応です。

練習会からお願いしていますが、まずラグを発見した時点でチャットで設定の見直し及び、ドライバーニックネームが全角で文字化けしてしまっているユーザーへ変更をお願いしています。

それでも気づかず走行されているプレイヤーは、強制退場処置を取らせていただいております。

これは、予備予選においても同様です。

今回グループBで1名いらっしゃいましたので、強制退場処置を取らせていただきました。

しかし、そのプレイヤーはチャットに気づかず再度インしてきました。

これを繰り返していましたが、予備予選の本番ということと、突如サーバー落ちしたことで慌てていたと思います。

タイムは予備予選通過タイムでしたが、本戦への参加を見送らせていただきました。

今回ファイナルステージでは強制退場処置を取らなかったのは、ラグ発生プレイヤーが予備予選ではラグが発生していなかったからです。

チャットでラグ発生をお知らせしようとしましたが、YouTube配信中で間に合いませんでした。(参加者の皆様でお知らせしていただけると助かります)

リアルレースでもたまにあるのですが、鈴鹿東コースでは晴れているのに西コースでは突如雨でスピン巻き込みクラッシュということがあります。

ヴァーチャルでもラグは、突然の局地的な天候悪化と思っていただけませんか?

もちろん参加者はラグ対策を厳守していただくことが前提ですし、もしご自身で自覚した場合は、速やかに安全回避(レースリタイア)していただきたいと思います。

Twitterでもお願い致しました、参加者の皆様は必ずリプレイを確認してください。

ラグはどなたにでも突如起こる可能性があります。

したがって予備予選でラグ発生状況を確認し、本戦ではなるべく強制退場処置はとりたくありません。

今後同じプレイヤーが2戦連続ラグ発生したまま走行していた場合は、強制退場処置をたらせていただきます。

ペナルティーもそうですが、規則に基づいて判断させていただきます。

リアルに近づけたプロシリーズを目指していますので、ご意見ご提案があればツイッターで単なるつぶやきではなく、@xyzstaffを付けてツイートをお願い致します。

これにより@xyzstaffをフォローしていただいている他の参加者にも届きますので、皆さんの意見を取り入れていきたいと思います。(ペナルティーも同様なのは、参加者全員に基準を周知していただきたい考えです)

ご提案いただいた練習会や予備予選でのローリングラップとオープニングラップの練習で、去年に比べると格段にレベルが上がったと思います。

是非、ご協力のほどよろしくお願い致します。

次戦も引き続き参戦をお待ちしております。